組織力強化、組織風土改革、マネジメント変革、ギスギスした職場、人と人との関係、コミュニケーション、オフサイトミーティング

手塚利男のブログ

ほっと一息

今年最後の空飛ぶ出張です。

2017/12/26

今年も色々なことがあったなあと思いながら日が沈むのを雲の上から見ていると、     「自分の軸を見失わないようにしなければだめだぞ❗」と声が聞こえてきました。  …続きを読む

カテゴリ:ほっと一息

モノづくりにワクワク

2017/11/04

ひさし振りにスロットカーの改造を楽しみました。 前回、サーキットを走った時は、もっともコーナーがきつい1コースで11秒ぐらいだったのが今回の改造で9.7秒にアップしました。 上級者は7秒台で走りますから、私はまだまだです。 ドライブテクニックを上げることも必要ですが、マシンの走行性能も大事です。 何度の走り、コースアウトしながら以下の改造をしました。 1、車高を下げる…続きを読む

カテゴリ:ほっと一息 , 未分類

いすゞOB会に参加して

2017/11/04

2年ぶりにいすゞOB会に出席しました。 OB会では65歳はヒヨッコです。 会う人会う人、みなさん大先輩ばかりです。 いすゞを離れた後の人たちの話を聞いて驚くことばかりです。 いすゞ時代に機械課の技能職から課長になったH野さんは、旋盤など機械加工ではすごい技能を持っている人でした。 そのH野さん、退職後は自分で旋盤を持って仕事をしています。 OB会で聞いた話ですが…続きを読む

カテゴリ:ほっと一息

ものづくりに熱中

2017/09/18

完成した愛車ミニクーパーと共にスロットカーサーキット場にGO!! 走行前に記念撮影です。   いざ、走行!! ゆっくり走行。 スムーズに走るか、どこか接触していないか確認するとブラシとボディ、わずかですが 接触しています。 これだとスピードが上がらないのでボディを削りました。   再度テスト走…続きを読む

カテゴリ:ほっと一息

ワクワクする時

2017/09/08

皆さんは子供の時にやりたくてもできなかったことってありますか? 私にもたくさんありますが、その中でスロットカーがあります。 子供のころからモノづくりが好きで、自分で作った車を走らせることに憧れがありました。 そのスロットカー、ついにできました!! 走らせてみました!! ワクワク、ドキドキ、しながらです。 スロットルカーサーキット場は車で20分ぐらいのところにあり…続きを読む

カテゴリ:ほっと一息

いすゞOBとして誇りを感じた日

2017/07/20

いすゞプラザが今年4月にオープンしました。 http://www.isuzu.co.jp/plaza/ いすゞOBとして興味津々、早速7月3日に友人と見学しましたが、その時は、懐かしさのあまり設計や生産技術、製造技術、などの技術論議に熱中してしまいじっくり落ち着いて見学ができませんでしたので、昨日(7月19日)、もう1度見学をしてきました。 免許を取って真っ先に購…続きを読む

カテゴリ:ほっと一息

だから人生はおもしろい

2017/03/18

「だから人生はおもしろい」は3月10日の夕刊フジに私が紹介された文面の最後の締めくくりの文です。   3月10日の夕刊フジ「人生二毛作」のコラムで私が紹介されました。   夕刊フジ   前職で経験したことを退職後、どのように活かして第二の人生をどのように生きているか、を紹介していただいています。   私も中卒、…続きを読む

カテゴリ:ほっと一息

亡き母と空の旅

2016/05/28

今年1月に母を亡くしました。 98歳でした。 亡くなってから兄弟で母の思い出話をしていたら、兄から、母が一度は飛行機に乗ってみたいと言っていたと聞きました。 旅行が大好きな母でしたが、飛行機に乗ってみたいと言っていたなんて知りませんでした。 生きている間にその話を聞いていたら飛行機に乗せてあげたのに・・。 母は生前に自分が眠る墓を作っていましたがその墓は蔵王山の麓にあ…続きを読む

カテゴリ:ほっと一息

いすゞ自動車のOBとして

2015/10/09

最近、いすゞのOB会が企画した2つのイベントに参加しました。 1つ目は、「企業戦士 その後展」 案内のはがきには次のようなことが書いてありました。   私達いすゞ自動車(株)OBは退職後、様々な時を過してまいりました。平均年齢喜寿を超えた仲間が、その足跡を披露させて頂き同世代に向け「元気な内に挑戦を」というメッセージが届けられたら幸いです。 写真  …続きを読む

カテゴリ:ほっと一息

3歳児の恥じた気持ち

2015/08/24

「じいじとタッチしたかったんだよ」とボソッといって下を向いてしまった孫。 先日、娘の代わりに3歳の孫と登園した。 今回が初めてではないが、毎回、保育園に送っていって別れるときが大変だ。 孫は自分を置いて行くとわかっているから、着替えなどを所定の位置にしまったりしているときも足にピッタリ絡みついて離れない。 いつもそういうときばかりとは限らない。 保育園に行って先にお友…続きを読む

カテゴリ:ほっと一息

ページトップ