組織力強化、組織風土改革、マネジメント変革、ギスギスした職場、人と人との関係、コミュニケーション、オフサイトミーティング

手塚利男のブログ

2歳の孫にはオン、オフ、なんてない 自然だ

2015/03/08

生活のすべてが遊びの延長の孫から気づくこと

今日はのんびり日曜日

孫は朝からずうっと遊んでいる

朝起きてごはんを食べ、パジャマから着替え、遊び、昼ご飯を食べ、また遊び、

この後は、遊び、晩ごはん、お風呂、パジャマに着替え、歯磨き、蒲団へ、

この間、何度も遊びたがるのでお風呂も遊び、着替えも遊び、蒲団へ入るのも遊び、

朝起きたときから寝るまでのすべてが、

楽しく遊ぶ、お風呂も遊び、着替えも遊び、もっとも嫌がる歯磨きも遊び、

蒲団にはいるのも遊びなのだ

明日の朝、起きたときから保育園に行くまでもすべてのことも遊び

2歳の子供がサラリーマンと同じように、

毎日決まったように起こされ、ほぼ決まった時間に保育園に向かう

大変だ

決まった時間までに保育園に入らなければならないという意識は2歳の子供にはない

毎日が、その気になるようにするために大騒動

コツは遊びの中にやってほしいことを織り込む

何歳ぐらいから遊びの延長ではなく、「・・・しなければならない」という意識に変わるのか?

自分の娘たちの小さいときはどうだったのか?

その変化の楽しみは妻しか体験していない

大人になると、仕事のオン、オフ、の切り替えなんて考えるが、

切り替えないことがることが自然なことではないかと、

孫を見ていると思う。

253a4833b18526665a083b835596ab65

カテゴリ:ほっと一息

HOME > ほっと一息 > 2歳の孫にはオン、オフ、なんてない 自然だ
ページトップ