組織力強化、組織風土改革、マネジメント変革、ギスギスした職場、人と人との関係、コミュニケーション、オフサイトミーティング

手塚利男のブログ

卵側に立って風土改革支援したい

2012/09/04

組織風土の問題をわかり易く、組織内のあちこちに立つ「壁」に例えて話をする機会がありました。

 

その時に、ある方が、「壁というと、作家の村上春樹さんがエルサレム賞受賞式でのスピーチにも壁の話が出ていて面白いよ」と教えてくれました。

 

 

村上春樹さんのスピーチ全文

http://www.47news.jp/47topics/e/93925.php?page=all

 

講演要旨

http://www.47news.jp/CN/200902/CN2009021601000180.html

 

 

恥ずかしながら、私は一度も村上春樹さんの小説を読んだことはありません。

 

いつかは読んでみたいと思いますが・・・。

 

このスピーチの中に壁と卵が出てきます。

 

以下は講演要約から一部抜粋させていただいたものです。

 

「わたしたち一人一人は卵であり、壊れやすい殻に入った独自の精神を持ち、壁に直面している。壁の名前は、制度である。制度はわたしたちを守るはずのものだが、時に自己増殖してわたしたちを殺し、わたしたちに他者を冷酷かつ効果的、組織的に殺させる。」

 

 

とても深い内容です。全文読んで何となく自分の行動で理解できたのは、風土改革支援においては、私は卵側に立って支援したいということです。

 

 

 

 

私のミッション:「出会いから秘めた変革の思いに火をともす」

 

●手塚利男の『ギスギスした職場はなぜ変わらないのか』(Nanaブックス)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901491873/

●「活気あるチームのつくり方」(通信教育)

http://www.iec.co.jp/products/course/business_skill/tu-04790/tu-04790.html   

HOME > 風土改革支援現場に立って思うこと > 卵側に立って風土改革支援したい
ページトップ