組織力強化、組織風土改革、マネジメント変革、ギスギスした職場、人と人との関係、コミュニケーション、オフサイトミーティング

手塚利男のブログ

「お時間をいただけますか」のメールはラブレターと同じ?

2012/04/13

風土改革支援で個別にお会いしてホンネに意見を聞きたいとき、

 

しかも、1対1で話をするのが初めての人の場合、

 

「お時間をいただけますか?」とメールや電話をするのは、いつもドキドキ。

 

特にメールはラブレターを書くようなもの、

 

書いたことはないが・・・。

 

多分、そのようなドキドキした気持ちでメールを書く。

 

話し合いたい主旨を丁寧に書き、

 

安心してもらうために、色々書く、

 

そのメールに対して直ぐに返事をいただく場合もあれば、

 

しばらくしてから返事をいただくことがある。

 

その時は、とても嬉しい。

 

最近も、そういうことがあった。

 

これまで1度も「会いません」と言われたことはありませんが・・・。

 

 

 

 

私たちのミッション:「出会いから変革の思いに火をともす」

 

●手塚利男の『ギスギスした職場はなぜ変わらないのか』(Nanaブックス)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901491873/

●「活気あるチームのつくり方」(通信教育)

http://www.iec.co.jp/products/course/business_skill/tu-04790/tu-04790.html   

HOME > 風土改革支援現場に立って思うこと > 「お時間をいただけますか」のメールはラブレターと同じ?
ページトップ