組織力強化、組織風土改革、マネジメント変革、ギスギスした職場、人と人との関係、コミュニケーション、オフサイトミーティング

手塚利男のブログ

技術は最高水準でも、人的、組織的、制度的、文化的安全性の水準はどうか?

2012/01/14

夕方、スカパー番組の朝日ニュースター で「再び問う! 原子力行政7つの問題」をやっていました。

 

ゲストは「官邸から見た原発事故の真実」の著者、前内閣官房参与の田坂広志さん。

 

日本の原子力技術が世界最高水準にあると言われていますが、

 

番組では、私流に解釈すると技術は最高水準でも、

 

人的、組織的、制度的、文化的安全性、は最高水準かと見る必要があると言っています。

 

本質的な問題に目をつけていて、面白いなと思いました。

 

そういう目で見ると、東日本大震災での原発事故では、

 

人的、組織的、制度的、文化的安全性、の課題が見えてきました。

 

私は企業の経営改革支援において、風土(文化)体質面からの改善支援をしていますが、

 

田坂広志さんのご指摘には納得です。

 

ハード的面の技術は最高水準でも、人的、組織的、制度的、文化的安全性は最高水準か?

 

私の専門分野からいうと、特に、人的、文化的安全性に興味があります。

 

 

 

 

『出会いから変革の想いに火を灯す』手塚利男

●手塚利男のつぶやき

http://twitter.com/tezukatoshio

●手塚利男の『ギスギスした職場はなぜ変わらないのか』(Nanaブックス)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901491873/

●「活気あるチームのつくり方」株式会社アイ・イーシーの通信教育

http://www.iec.co.jp/products/course/business_skill/tu-04790/tu-04790.html   

HOME > 風土改革支援現場に立って思うこと > 技術は最高水準でも、人的、組織的、制度的、文化的安全性の水準はどうか?
ページトップ