組織力強化、組織風土改革、マネジメント変革、ギスギスした職場、人と人との関係、コミュニケーション、オフサイトミーティング

手塚利男のブログ

東日本大震災の地での仕事の合言葉は「やっぱりミウラ」

2011/11/16

先日のミッション経営研修支援の場でのことです。

 

毎回、その企業の社長が経営の考え方、自分の社長としての使命(ミッション)を示してくれます。

 

これは3年ほど前から続けています。

 

そして、毎回、企業理念・使命の例として「ある本に出ていましたが・・・」と前置きして紹介してくれます。

 

総合病院では「患者の安心」、

 

あるカフェは「コーヒー一杯で癒しと活力を提供する」、

 

その後で、自社の使命・ミッションから自部門・自部署のミッションとミッションからの課題を考えます。

 

その中で、社長から、東日本大震災後の企業活動として「東日本地区の活動での合言葉」の紹介がありました。

 

それは、

 

「やっぱりミウラ」

 

その心は、

 

東日本大震災で被災にあった事業主さんから、

 

「この厳しい時に、やっぱりミウラとつきあっていて良かった」と思っていただける対応をする。

 

だそうです。

 

なかなか良い合言葉です

 

朝、東日本に展開している営業所からお客様に向かう社員は

 

「やっぱりミウラ」のポスターを目に、

 

飛び出していく。

 

 

 

「出会いから改革の想いに火を灯す」

 

 

●手塚利男のつぶやき

http://twitter.com/tezukatoshio

●手塚利男の『ギスギスした職場はなぜ変わらないのか』(Nanaブックス)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901491873/

●「活気あるチームのつくり方」株式会社アイ・イーシーの通信教育

http://www.iec.co.jp/products/course/business_skill/tu-04790/tu-04790.html   

 

HOME > 風土改革支援現場に立って思うこと > 東日本大震災の地での仕事の合言葉は「やっぱりミウラ」
ページトップ