組織力強化、組織風土改革、マネジメント変革、ギスギスした職場、人と人との関係、コミュニケーション、オフサイトミーティング

手塚利男のブログ

クリーニングされたワイシャツが私の“ヤル気モード”のスイッチ

2011/01/29

今日は近所のクリーニング屋のご主人と立ち話。

 

いつもお世話になっているクリーニング屋さんです。

 

最近、お客様がクリーニングに出すワイシャツの枚数が減ってきたことが話題になりました。

 

汗をかかない今の季節、毎日替えずに2日毎に替えるお客様もいるとか・・。

 

また、形状記憶生地を使ったワイシャツの登場も影響しているようです。

 

 

私は、クリーニングされ程よい硬さでプレスされたワイシャツを着ることで“ヤル気モード”にスイッチが入ります。

 

出張の時も、宿泊日数に合わせてワイシャツを持っていきますが、「汗をかかなければ2日連続で着てもいいかな」と思う時がありますが、あのプレスされたワイシャツに袖を通したときの心地よい感触を思うと「持っていこう」という気になります。

 

今、お世話になっているクリーニング屋さん、糊づけもほどよく、軟らかなプレスが好きです。

 

このクリーニング屋さんはほぼ100%手でアイロン仕上げをしています。1時間で15枚ほどしかアイロンがけができないそうです。

 

  • ロボットを使うやり方があり、その場合は1時間で60枚ぐらいアイロンがけできるとのこと。

 

手仕上げだから、何とも言えない、軟らかさに仕上がるんですね。

 

 

 

手塚利男

 

 

●手塚利男のつぶやき                                                                                  

http://twitter.com/tezukatoshio                                                                                   

 

●手塚利男の『ギスギスした職場はなぜ変わらないのか』(Nanaブックス)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901491873/

 

●DVDのご案内                                                                 

手塚利男の『ギスギスした職場はなぜ変わらないのか』がDVDになりました。

≪サンプル動画あり≫

http://www.bbook.jp/seminardvd/20090726.html

 

●「活気あるチームのつくり方」株式会社アイ・イーシーの通信教育

http://www.iec.co.jp/products/course/business_skill/tu-04790/tu-04790.html   

  

カテゴリ:ほっと一息

HOME > ほっと一息 > クリーニングされたワイシャツが私の“ヤル気モード”のスイッチ
ページトップ