組織力強化、組織風土改革、マネジメント変革、ギスギスした職場、人と人との関係、コミュニケーション、オフサイトミーティング

手塚利男のブログ

劣勢になっても頭を下げない

2011/01/23

ビデオで自分の姿を見て「やっぱりなあ」と。

 

今日は一週間ぶりにスカッシュで汗を流しましたが、自分のプレーを初めてビデオカメラで撮って見ました。

 

目を覆いたいほどひどいものでした。

 

もっと華麗なプレーをしていると思っていましたが、まあ、バタバタです。

 

私らしいと言えば、私らしいのですが・・・。

 

それと、プレーで劣勢になっている時や疲れている時に頭が下がっている。

 

これは私の悪い癖です。

 

頭が下がっているから、余計、恰好が良くない。

 

以前やっていたバドミントンでも“頭が下がる”癖を指摘されていました。

 

頭が下がると体力も消耗し、ボールを見る視点もブレます。

 

一番良くないのは、疲れているように見えることです。

 

これは相手を強気にしてしまいます。

 

頭が下がっていると言えば、先日のサッカーアジア杯のカタール戦です。

 

かなりの苦戦でした。

 

選手1名が退場になり10名で戦うことにもなりました。

 

TV観戦している私なんかは「ああ、ダメだあ」と思いました。

 

しかし、今回、そういう劣勢になっても選手の頭が下がっていませんでした。

 

そして、勝利。

 

以前のチームとは何か変わってきているようです。

 

今年は、仕事でもいろいろな場面で苦境に立たされることがありますが、「苦境に立っても頭を下げない」を意識していきたいと思います。

 

スカッシュも・・・。

 

 

手塚利男

 

 

●手塚利男のつぶやき                                                                                  

http://twitter.com/tezukatoshio                                                                                   

 

●手塚利男の『ギスギスした職場はなぜ変わらないのか』(Nanaブックス)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901491873/

 

●DVDのご案内                                                                 

手塚利男の『ギスギスした職場はなぜ変わらないのか』がDVDになりました。

≪サンプル動画あり≫

http://www.bbook.jp/seminardvd/20090726.html

 

●「活気あるチームのつくり方」株式会社アイ・イーシーの通信教育

http://www.iec.co.jp/products/course/business_skill/tu-04790/tu-04790.html   

  

HOME > スカッシュ、バドミントン > 劣勢になっても頭を下げない
ページトップ