組織力強化、組織風土改革、マネジメント変革、ギスギスした職場、人と人との関係、コミュニケーション、オフサイトミーティング

手塚利男のブログ

2011年仕事始め、トップが年頭あいさつで「変革」を訴える

2011/01/04

今日は仕事始めの企業が多かったと思います。

 

私は、明日が仕事始めです。

 

とは言っても、休み中はずうっと執筆に関することで頭がいっぱいでした。

 

夕方から、妻と川崎大師に初詣、2人でおみくじを引きました。

 

妻は「吉」、私は「小吉」。

 

2人とも昨年は「凶」でしたのでほっとしました。

 

いいことが起こりそうです。

 

 

仕事始めで各社トップが新年のあいさつで「変革」を訴えたというニュースを目にします。

 

そのトップが訴える「変革」、社員はどのように聞いているのでしょうか。

 

組織変革(風土改革)が継続的に進んでいる企業に共通していることは、トップ自ら変革を行動で示し、役員クラスにも変革行動をとるように指導しています。

 

当たり前ですが、変革に本気で取り組んでいない役員をそのままにしていません。

 

社員から「本気ではない」と見られるからです。

 

経営トップは変革実現の障害を取り除く責任があると思います。

 

手塚利男

 

 

 

●手塚利男のつぶやき

http://twitter.com/tezukatoshio                                                                                   

 

●手塚利男の『ギスギスした職場はなぜ変わらないのか』(Nanaブックス)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901491873/

 

●DVDのご案内                                                                 

手塚利男の『ギスギスした職場はなぜ変わらないのか』がDVDになりました。

≪サンプル動画あり≫

http://www.bbook.jp/seminardvd/20090726.html

 

●「活気あるチームのつくり方」株式会社アイ・イーシーの通信教育2010年新コース

http://www.iec.co.jp/products/course/business_skill/tu-04790/tu-04790.html   

  

HOME > 風土改革支援現場に立って思うこと > 2011年仕事始め、トップが年頭あいさつで「変革」を訴える
ページトップ