組織力強化、組織風土改革、マネジメント変革、ギスギスした職場、人と人との関係、コミュニケーション、オフサイトミーティング

手塚利男のブログ

打球の速さをコントロールする

2010/11/20

自分の打ったボールの速さに自分が窮地にたってしまう。

 

今日、久しぶりにスカッシュを行いました。

 

R竹さんに打っていただきましたが、課題だらけです。

 

その中でも、自分が打ったボールの速さによって、自分の体制が崩れるということがあります。

 

まだまだ初心者ですから、それが原因なのか確信は持てませんが・・。

 

強く打つと早くボールが返ってくる、早く返ってくると、相手が打つのを邪魔しないように移動する時間が無くなり、相手を妨害するようになってしまう。

 

要は、情況に合わせて“ふわっ”と返ってくるようなボールを打つ、そういうコントロールが瞬間的にできるかと言う事だと思います。

 

上級者には当たり前のことだと思います。

 

私はまだまだ未熟。

 

これまでは強く打つことを意識してきましたが・・・・。

 

 

 

 

 

●手塚利男のつぶやき

http://twitter.com/tezukatoshio                                                                                   

 

●手塚利男の『ギスギスした職場はなぜ変わらないのか』(Nanaブックス)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901491873/

 

●DVDのご案内                                                                 

手塚利男の『ギスギスした職場はなぜ変わらないのか』がDVDになりました。

≪サンプル動画あり≫

http://www.bbook.jp/seminardvd/20090726.html

 

●「活気あるチームのつくり方」株式会社アイ・イーシーの通信教育2010年新コース

http://www.iec.co.jp/products/course/business_skill/tu-04790/tu-04790.html    

HOME > スカッシュ、バドミントン > 打球の速さをコントロールする
ページトップ