組織力強化、組織風土改革、マネジメント変革、ギスギスした職場、人と人との関係、コミュニケーション、オフサイトミーティング

手塚利男のブログ

本音が言い合える下地作りがしっかりできるかどうかに差が出る

2010/06/29

今日、風土改革支援先のオフサイトミーティングの場に参加させていただきました。

 

参加させていただいた目的は、私が支援しなくても自分たち場づくりできるかを気極めることです。

 

もちろん、外部の人間でないと絶対にできないことは脇においてですが・・・。

  

議論の進め方は特に問題はありませんでしたが、共通していることがあります。

 

それは、本音が言える下地作りがしっかりできているかな?と言う疑問を感じたことです。

 

互いに安心して本音が言えるまでそれなりの時間が必要ですが、早く結果を出そうして下地作りを省略したのかもしれません。

 

また、本音で話せるようにすると場の収集がつかなくなるのではないかという不安があるのかもしれません。基本的にはもめ事は嫌いですから・・。

 

本音が言い合える下地作りがしっかりできるかどうか、そのあたりが私たちが支援する場づくりとの差かもしれません。

 

 

●手塚利男のつぶやき

http://twitter.com/tezukatoshio

 

●手塚利男の『ギスギスした職場はなぜ変わらないのか』(Nanaブックス)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901491873/

 

●DVDのご案内

手塚利男の『ギスギスした職場はなぜ変わらないのか』がDVDになりました。

≪サンプル動画あり≫

http://www.bbook.jp/seminardvd/20090726.html

 

●「活気あるチームの作り方」株式会社アイ・イーシーの通信教育2010年新コース

http://www.iec.co.jp/products/course/business_skill/tu-04790/tu-04790.html   

 

 

HOME > 風土改革支援現場に立って思うこと > 本音が言い合える下地作りがしっかりできるかどうかに差が出る
ページトップ