組織力強化、組織風土改革、マネジメント変革、ギスギスした職場、人と人との関係、コミュニケーション、オフサイトミーティング

手塚利男のブログ

覚悟しなければならない時がある

2010/06/07

今日、午前中には税理士さんとの損益に関することや今後の売上・利益の見通しについて助言をいただきました。

 

見通しは決して明るくありませんが、税理士さんと話をしていると、どんどん前向きな話になっていくことがありがたいです。

 

そして午後、私にとって大事な診断結果がわかる日でした。

 

今から一カ月前に、横浜旭中央総合病院で「のう胞性腎がん」の疑いがあると診断されました。

 

「あなたはガンかもしれない」と言われたのは生まれて初めての経験でした。

 

更にさかのぼること一カ月まえに、今までと経験したことがない下痢が続いたので病院に行きました。

 

下痢の原因はわかりませんでしたが、腹部調音波検査で「右腎のう胞ができている」と診断されました。

 

「腎のう胞」は年と共に出るものだそうで、「右腎のう胞」が原因で下痢になったわけではないようです。

 

なぜなら、6年前から人間ドックでの腹部超音波検査でも指摘されていました。

 

人間ドックでは「これ以上、大きくならなければ問題ない」との見方でした。

 

先生から超音波検査以外に造影剤を血管に入れてのCT検査を進められました。

 

そのCT検査で「腎のう胞」の一部に腫瘍のようなものが発見されました。

 

腫瘍も細胞ですので、本来細胞がない所に血液が行っているということはそこに細胞(≒腫瘍)があるという判断だそうです。

 

なるほど。

 

先生からの紹介で、神奈川県立がんセンターで再度検査を受けることになりました。

 

診察を受ける前に、自分に対してどういう告知を望むのかを確認されました。

 

再度造影剤を使って、今度はMR検査を受けました。

 

そして、今日、検査結果が出ました。

 

答えは「明確にガンとは言えないが、絶対にガンではないとも言えない」というものでした。

 

今後は半年に一度ぐらいの割合で、「腎のう胞」が大きくなっていないか、出血がないかを見ていくことになりました。

 

今回の件で、“覚悟”について考えました。

 

同時に、誰にでも時間には限りがあるということを考えました。

 

カテゴリ:ほっと一息

HOME > ほっと一息 > 覚悟しなければならない時がある
ページトップ