組織力強化、組織風土改革、マネジメント変革、ギスギスした職場、人と人との関係、コミュニケーション、オフサイトミーティング

手塚利男のブログ

なぜホームページを開設するのが億劫(おっくう)だったのか

2010/04/20

今日は弊社のホームページ開設に関しての打合せを行いました。

 

中身がなければ空の缶詰みたいなものですし、トップページにも最初に何を打ち出すかを考えます。

 

トップページに打ちだす内容を考えてはいましたが、第三者に見てもらうと、ぜんぜん伝わらない、なにを打ち出すのか分からない、・・・そうだよなあと思いながら考えました。

 

風土改革支援を実際にやっているのだから、なぜ、この思いが文字に出てこないのか?

 

今日は色々考えましたが、これまでは甘えていたなあと反省の多い1日でした。

 

自分の考えや思いは「ギスギスした職場はなぜ変わらないのか」で表現しているから良いじゃないかと思っていましたが、「ギスギス本」に全て入っているわけではない。

 

出版社の意図もあって多くのものを削除しました。

 

だから伝えたいものの一部しか入っていない。

 

あらためて考えると、結構大変、苦痛、迷う、・・・これまでなんでホームページを開設しなかったのか分かりました。

 

自分のコンサルタントとしての方向性を示すことや、何を打ち出すのか決めることから逃げていたのです。

 

5月連休明けにはドーンと出したいと思います。

 

 

 

(記:株式会社プロフェス 手塚利男)

 

★通信教育2010年新コース「活気あるチームのつくり方(手塚利男/執筆指導講師)」(3月開講)

http://www.iec.co.jp/products/course/business_skill/tu-04790/tu-04790.html

カテゴリ:ほっと一息

HOME > ほっと一息 > なぜホームページを開設するのが億劫(おっくう)だったのか
ページトップ