組織力強化、組織風土改革、マネジメント変革、ギスギスした職場、人と人との関係、コミュニケーション、オフサイトミーティング

手塚利男のブログ

偏った情報は判断を誤る

2010/04/18

自分が、自分の耳で聞いたり、自分の目で見て得る情報はほんのわずかであることは誰でも同じですね。

 

しかし、それだけでは生きていけません。

 

ほとんどの情報は新聞やTV、他人から間接的に聞いたことです。

 

前にブログでも書きかましたが、新聞やTV,他人から得た情報の内容はほとんどがその発信する側の意図が入っていると思っています。

 

したがって、私は「こういう見方もあるんだ」というように出来るだけ、距離を置いてみる努力をしています。

 

新聞やTVは公平な立場であると勝手に思っていますが、話題の基地移設問題なども、例えば反対側の意見がほとんどですが、違う意見や見方なども、報道してほしいと思います。

 

これは、風土改革の現場でも同じです。

 

「あの人のマネジメントのやり方は問題だ」「ここが問題だ」「あの人はこう言っている」と言うような情報がたくさん入ってきます。

 

気をつけなければいけないのは、まだ一度も会っていない人のイメージを持ってしまうことです。

 

一方的な情報では、その人を間違った見方をしてしまいます。

 

したがって、その人に会うまでは「こういう人だ」と決めつけないようにすることです。

 

かなり前の話ですが、この方は、改革のやり方に異論を唱えていましたが、ある時に異動となりました。

 

数年後にたまたまその人にあって話をした時に「なぜ、このような人が異動になったんだろう」と思いました。

 

ひょっとしたら偏った見方や情報がそうさせたのかもしれません。

 

 

 

(記:株式会社プロフェス 手塚利男)

HOME > 風土改革支援現場に立って思うこと > 偏った情報は判断を誤る
ページトップ