組織力強化、組織風土改革、マネジメント変革、ギスギスした職場、人と人との関係、コミュニケーション、オフサイトミーティング

手塚利男のブログ

改革が進む企業、進まない企業

2010/01/15

最近、改革が着実に進む企業となかなか進まない企業にある特長があることが見えてきました。

 

それは、小さな変化をどう見るかです。

 

ちょっとした変化でも「ここまで出来たじゃないか」「このような変化があった」という声が推進側も経営側からも聞こえてくる企業があります。

 

一方、ちょっとした変化には「これが出来ていない」「ここは出来ても、こちらが出来ていない」という声が推進事務局が言い、経営側も常に「改革が進んでいない」と言う企業があります。

 

改革が着実に進んでいるのが前者です。

 

改革がなかなか進まないのは後者です。

 

改革活動に終わりはありません。常に「改革が進んでいない、改革が進んでいない」という問題意識も大事ですが、細かい変化も認めることも大事なのです。

 

愚直に取り組むとは、小さな変化にも目を向けることなのです。

 

 

 

(記:株式会社プロフェス 手塚利男)

 

HOME > 風土改革支援現場に立って思うこと > 改革が進む企業、進まない企業
ページトップ