組織力強化、組織風土改革、マネジメント変革、ギスギスした職場、人と人との関係、コミュニケーション、オフサイトミーティング

手塚利男のブログ

「それならプレゼンする人が資料を作ってよ」と、部下は言っています。

2009/11/26

今日は、お客様のところで「仕事の質を考える」という研修の支援の一環で、「ムダを考える」というテーマで情報提供させていただいた。

 

その後、ワークショップで自分たちの職場でムダなことを「やめる」「減らす」「変える」というキーワードで業務改善について話し合っていただいた。

 

その中で、若い人たちから出た話が印象的でした。よく聞く話でもある。

 

上司が部下にプレゼン資料を作らせるのだが、「君の考えで作ってごらん」と言うという。

 

大枠の内容や方向性、使い方、も知らせないで・・・。

 

また「君の成長のためだから」と言うらしい。

 

「君の成長のためだから」と言われると弱いですよね。

 

曖昧な指示で資料づくりをうける部下にも問題があるが、依頼をする側にも問題あり、です。

 

部下は部下なりに、自分の出来る範囲で作成して上司に見せると、「違う」・・・「これも違う」・・・と何度もり返し、最後は「俺が作ってほしいのはこういう内容だ」と言う。

 

部下は、「それなら、もう少し、事前に説明してください!」心の中で叫ぶことが多いという事です。

 

こういうやり取りは1回か2回ぐらいはあっても良いと思うが毎回では、育成どころかモチベーションを下げてしまいます。

 

また、時間をムダに使わせていることになります。

 

私は、本来なら、プレゼンする人が資料を作ったほうがよいと思っています。

 

 

(記:株式会社プロフェス 手塚利男)

HOME > 風土改革支援現場に立って思うこと > 「それならプレゼンする人が資料を作ってよ」と、部下は言っています。
ページトップ