組織力強化、組織風土改革、マネジメント変革、ギスギスした職場、人と人との関係、コミュニケーション、オフサイトミーティング

手塚利男のブログ

飛ばされた経験から感じること

2009/10/30

映画「沈まぬ太陽」が話題になっています。

ある航空会社のエリート社員が組合活動で経営側と激しくやり合ったために、それが原因で海外勤務を命じられ、転々とさせられ、10年も冷や飯を食わされます。

組合活動で色がついた主人公は経営陣から睨まれ、本社に戻ることはできません。

私も2年という短い期間でしたが、ちょっとだけ“飛ばされ”を体験したことがあります。

風土改革活動に自ら手を上げて改革活動をしていましたが、経営トップ層が変わり風土改革の後ろ盾がなくなり、色がついた私は関連会社に飛ばされました。

2年という期間で終わったのは会社を辞めたからです。

映画「沈まぬ太陽」の主人公は10年間耐えますが、私は、2年で見切りをつけました。

10年も耐えたモノはなんだったのでしょうか?

私は風土改革において、「やり過ぎではないか」と言われるぐらい思いを込めて活動しました。

しかし、思いを込めて活動したことと“飛ばされ”の体験もあって、今、プロとして風土改革の支援ができるのだと思います。

(記:株式会社プロフェス 手塚利男)

カテゴリ:映画

HOME > 映画 > 飛ばされた経験から感じること
ページトップ