組織力強化、組織風土改革、マネジメント変革、ギスギスした職場、人と人との関係、コミュニケーション、オフサイトミーティング

手塚利男のブログ

アイシングに対する誤解

2009/09/25

アイ

今日は、お客様への提案資料を作成していましたが、途中、合間を見て近くの横浜市スポーツ医科学センターで左足の診察をしていただきました。

診察結果は太ももの肉離れ、レベルは中程度でした。

内出血しており、まだ腫れていて熱を持っているので負荷をかけたリハビリはできません。

そこで、アイシングの仕方と、アイシングをしていない時のサポートの仕方、今からでも出来るあまり負荷をかけないリハビリの方法を体験させていただきながら教えていただきました。

私は、今回の診察で、アイシングについて誤解していました。

それは、痛めた直後に15分から20分以内で氷でのアイシングをし、そのあとは、氷でのアイシンはしていけないと思っていました。なぜなら、やり過ぎると凍傷になると聞いていましたから・・。

ところが、凍傷にならないためにアイシングは15分から20分にするのですが、痛めた部分が熱を持っている間はまめにアイシングをしたほうが良いということでした。

では、シップ剤はいつ使うのか?

それは、仕事等で移動しなければならない時などアイシングが出来ない環境の時に使えば良いとのことです。

アイシングのことは誤解していました。

熱を持っている間はまめにアイシングしたほうが良いということ。そして、シップ剤の使い方。

今後は、腫れや熱が無くなり、痛みもなくなってきたら、痛めた筋肉が硬くなっているので負荷をかけたリハビリに入る予定です。

シングに対する誤解

今日は、お客様への提案資料を作成していましたが、途中、合間を見て近くの横浜市スポーツ医科学センターで左足の診察をしていただきました。

診察結果は太ももの肉離れ、レベルは中程度でした。

内出血しており、まだ腫れていて熱を持っているので負荷をかけたリハビリはできません。

そこで、アイシングの仕方と、アイシングをしていない時のサポートの仕方、今からでも出来るあまり負荷をかけないリハビリの方法を体験させていただきながら教えていただきました。

私は、今回の診察で、アイシングについて誤解していました。

それは、痛めた直後に15分から20分以内で氷でのアイシングをし、そのあとは、氷でのアイシンはしていけないと思っていました。なぜなら、やり過ぎると凍傷になると聞いていましたから・・。

ところが、凍傷にならないためにアイシングは15分から20分にするのですが、痛めた部分が熱を持っている間はまめにアイシングをしたほうが良いということでした。

では、シップ剤はいつ使うのか?

それは、仕事等で移動しなければならない時などアイシングが出来ない環境の時に使えば良いとのことです。

アイシングのことは誤解していました。

熱を持っている間はまめにアイシングしたほうが良いということ。そして、シップ剤の使い方。

今後は、腫れや熱が無くなり、痛みもなくなってきたら、痛めた筋肉が硬くなっているので負荷をかけたリハビリに入る予定です。

HOME > スカッシュ、バドミントン > アイシングに対する誤解
ページトップ