組織力強化、組織風土改革、マネジメント変革、ギスギスした職場、人と人との関係、コミュニケーション、オフサイトミーティング

手塚利男のブログ

タイトな一日、しかし充実

2009/07/17

今日は、早朝から名古屋方面に出張しました。

朝早いためにバスもなく、タクシーで最寄りの駅まで移動。

新幹線で名古屋へ。

10時から風土改革支援ミーティング。

その後、再び、13時から風土改革ミーティング。

2時にミーティングを終えて、都内で講演のために東京に戻る。

19時からお茶の水近くの会場で、ビジネス選書セミナーで講演。

先ほど、22時過ぎに自宅に戻りました。

タイトな一日でしたが、とても充実していたように思います。

講演は時間内に収めることができましたが、内容にメリハリが足りなかったかもしれません。

ただし、大きな収穫は、「ベストを尽くして準備すれば、壇上に上がったときでも、考えたことの多くは口から出てくる」ということです。

手元用の講演資料に話したいことを手書きで書き込みました。

実際の講演ではその手書きのメモを見ることはできませんが、書いたことで頭に入っていたのでしょうね。

思った以上に、頭から言葉が出てきました。

とても、学ぶことの多い1日でした。

★本の紹介

一人からでもできる「ギスギスした職場を変える手法」を書きました。

タイトル名:『ギスギスした職場はなぜ変わらないのか』

著者:手塚利男

出版社:Nanaブックス

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901491873/

HOME > 風土改革支援現場に立って思うこと > タイトな一日、しかし充実
ページトップ