組織力強化、組織風土改革、マネジメント変革、ギスギスした職場、人と人との関係、コミュニケーション、オフサイトミーティング

手塚利男のブログ

ギスギスした人間関係が社員のエネルギーを浪費している

2009/07/04

「人間関係や職場の中がギスギスしているなんて当たり前ですよ。そういうギスギスを乗り越えてこそ、一人前ですよ」

と、ベテラン社員がおっしゃいます。

部門間のギスギス、上司と部下の間のギスギス、仲間とのギスギス。

ちょっと前までは、そのギスギスに負けないで仕事を進めることが「あいつはできる」と評価されました。

しかし、今、そんなにたくましい人ばかりではありません。

ギスギスから精神が病んでしまう人もいます。

職場のギスギスを少なくしたら組織の生産性はかなり向上するように思います。

仕事のスピードも上がります。

経営トップは「挑戦せよ!」「スピードを上げろ!」と社員に訴えます。

しかし、挑戦意欲やスピードの足かせになっているのは「ギスギス」なのです。

したがって、経営トップは、ギスギスした状態を放置しないでギスギスの根元である風土に着目して改善に取り組んで欲しいと思います。

ギスギスが大切な社員のエネルギーを浪費していると思ってください。

♪♪ ブラブラ社員からのお知らせ ♪♪

★講演のご案内

http://www.bbook.jp/seminar/business_skill/seminar_090716.html

★本の紹介

一人からでもできる「ギスギスした職場を変える手法」を書きました。

タイトル名:『ギスギスした職場はなぜ変わらないのか』

著者:手塚利男

出版社:Nanaブックス

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901491873/

HOME > 風土改革支援現場に立って思うこと > ギスギスした人間関係が社員のエネルギーを浪費している
ページトップ