組織力強化、組織風土改革、マネジメント変革、ギスギスした職場、人と人との関係、コミュニケーション、オフサイトミーティング

手塚利男のブログ

改革の本気を示すのは簡単なはず

2009/03/12

風土改革支援を行っていると、経営者側から「危機なんだよ」「我々の本気がどうして伝わらないのか」という話をよく聞きます。

「なんとかしたい」と私たちの前では真剣に話してくれる役員。

その真剣な思いがなぜ社員には伝わらないのだろう。

一つだけ色々な会社で同じような話を聞いていると、共通していることが一つあります。

それは、社員からみて「今度は本気なんだ」ということが、“行動”から感じられないということです。

例えば、相変わらず、社長の言いなりだったり、自分で責任を取ろうとしなかったり・・・。

本気であることを示すのは簡単だと思います。

行動で見せれば良いのです。

こういうことを言うと無責任に聞こえると思いますが、本当にそうなんです。

★「ギスギスした職場はなぜ変わらないのか」がアマゾンに掲載されています

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901491873/ 

HOME > 風土改革支援現場に立って思うこと > 改革の本気を示すのは簡単なはず
ページトップ