組織力強化、組織風土改革、マネジメント変革、ギスギスした職場、人と人との関係、コミュニケーション、オフサイトミーティング

お問い合わせ・取材フォーム
手塚利男のブログ

手塚利男のブログ

改革の本気を示すのは簡単なはず

2009/03/12

風土改革支援を行っていると、経営者側から「危機なんだよ」「我々の本気がどうして伝わらないのか」という話をよく聞きます。 「なんとかしたい」と私たちの前では真剣に話してくれる役員。 その真剣な思いがなぜ社員には伝わらないのだろう。 一つだけ色々な会社で同じような話を聞いていると、共通していることが一つあります。 それは、社員からみて「今度は本気なんだ」ということが、“行動”から感じられない…続きを読む

臨時サイン会

2009/03/11

今日、私が所属している事務所に行き、「ギスギスした職場はなぜ変わらないのか」の出版に関して推薦をいただいたSさんにお礼と、合わせて献本をさせていただいた。 その時に、事務所の多くの方が集まっていただき「出版おめでとう!」と声をかけていただいた。 とても嬉しかった。 2冊だけ先にお渡しできた人から、なんとサインを依頼されました。 自分が本にサインをするようなことになろうとは思ってもいませんで…続きを読む

カテゴリ:未分類

立つ位置が違うと見える景色が違う

2009/03/10

先日、風土改革の支援をしている会社で「主任クラスのモチベーション」についての議論がありました。 二つの視点からの見方がありました。 同じ主任クラスから、自分たちの仲間である同じ主任クラスのモチベーションが低いというものでした。 理由は これからのビジョンが見えていない、描けない。 主任は上司と部下の両方からプレッシャーを受けている。 一方、その主任クラスが所属する部門を管…続きを読む

空を飛んでも「ギスギス本」の宣伝

2009/03/09

今日は松山まで日帰り出張しました。 厚い雲で覆われて下界を見ることはできませんでした。 出張のついでにギスギス本(「ギスギスした職場はなぜ変わらないのか」)を宣伝しました。 こんな風に。 発売前なのにしつこいと思われるかもしれません。 誰かの目の留ってくれれば嬉しい。 書店で手にとっていただければなお嬉しい。 そんな気持ちです。 …続きを読む

カテゴリ:出版

本「ギスギスした職場はなぜ変わらないのか」の見本があがりました

2009/03/08

本「ギスギスした職場はなぜ変わらないのか」の出版を1週間後(3/15)に控え、昨日予定より早く見本があがり、手元に届きました。 10時30分ごろ、宅急便にて届きました。 早速開けようと思いましたが、家族は私以外全員外出していましたので、できれば家族と一緒に喜びたいと思い、夕方まで神棚にあげておくことにしました。 夕方、家族が揃ったところで宅急便の包みを開けました。 「ワー!!」 出…続きを読む

カテゴリ:出版

自画自賛、私のベストショット「クイーンメリー2」

2009/03/07

昨夜、ブログで「悪戦苦闘のクイーンメリー2の見学記」を掲載しました。 再度、昨日撮った写真の整理をしていたら、自分でも良い絵だなと思いものが出てきました。 自画自賛ですが、昨日のベストショット「クイーンメリー2」です。 …続きを読む

カテゴリ:ほっと一息

悪戦苦闘のクイーンメリー2の見学

2009/03/06

今日は税理士さんとの打合せ後、急遽、横浜港の近くに寄港している「クイーンメリー2」を見学に行きました。 妻の「是非見たいね」「二度と見れないんだよ」という言葉に動かされました。 外は強く雨が降っていますし、仕事が残っている。 どうしようかと思いましたが、「残りの仕事は夜やればいいか」と、それに妻一人では寂しいだろうと思い一緒に出かけました。 JR桜木町駅から埠頭までシャトルバスが出…続きを読む

カテゴリ:ほっと一息

スカッシュボールの商品改良を望みます

2009/03/05

スカッシュを始めて間もない私が言うのはおかしいですが、スカッシュボールの品質改善をしてほしいと思います。 いつも決まった場所から“割れ”が発生します。 よく見るとボールの合わせ面から割れています。 接着が弱いんだと思いますが、あの勢いで壁にぶつかるのですから、接着面から割れるのは不思議ではない。 ボーストなどの練習をすると“持ち”が悪い。 今日も夕方練習中にまた割れた。 こんな感じ。 …続きを読む

中野坂上で人間ウォッチング

2009/03/04

仕事で中野坂上まで。 ミーティング開始までには時間がありますので、お茶しながら、今日のミーティングのポイントなどを考えていました。 私が席について2~30分後ぐらい経ってから隣に若いサラリーマン風(営業系)の人が座った。 最初は気にならなかったのですが、何かブツブツ、一人ごとを言いながらノートに書き込んでいる。 その次に、深いため息を何度もつきながら頭をテーブルに乗せた。 しばらく動かな…続きを読む

卒業

2009/03/03

卒業と別れの季節、春光の中にも何かもの悲しさを感じたりするこのごろ・・・。 これはビジネス文章に出てくる時候の挨拶文。 今日は娘の高校の卒業式。 妻と出席しました。 とても寒い日でしたが、式場内は新たな旅立ちを祝うかのように温かい雰囲気で・・・、と言いたいところですが、体育館の中も寒かった。 でも、卒業という人生の中での一つの区切りに相応しく、場内はピーンと張りつめていま…続きを読む

カテゴリ:ほっと一息

ページトップ